H335和本江戸嘉永6年海防論写本「広才明志(献斤微衷)」1冊/松本斗機蔵/八王子千人同心組頭/古書古文書

H335和本江戸嘉永6年海防論写本「広才明志(献斤微衷)」1冊/松本斗機蔵/八王子千人同心組頭/古書古文書です。

『状態』

43丁。半紙本程度。手書き。シミ、シワ、スレあり。状態は並。

 

広才明志(献斤微衷)

広才明志(献斤微衷)



広才明志(献斤微衷)

広才明志(献斤微衷)





広才明志(献斤微衷)

広才明志(献斤微衷)



広才明志(献斤微衷)

広才明志(献斤微衷)



広才明志(献斤微衷)

広才明志(献斤微衷)



広才明志(献斤微衷)

広才明志(献斤微衷)



広才明志(献斤微衷)

広才明志(献斤微衷)



広才明志(献斤微衷)

広才明志(献斤微衷)



広才明志(献斤微衷)

広才明志(献斤微衷)



広才明志(献斤微衷)

広才明志(献斤微衷)



広才明志(献斤微衷)

広才明志(献斤微衷)



 

『データ』

【書名】 広才明志(献斤微衷)

【巻冊】 全1冊

【著者】 松本斗機蔵(江戸時代後期の儒学者。八王子千人同心組頭。三十表一人扶持。同じ千人同心組頭で「桑都日記」を著した塩野適斎に学び漢学を修め、湯島の昌平黌に学んだ。下総千葉氏の出といい、千人同心組頭の松本家の養子となった。渡辺崋山・高野長英・伊豆韮山代官江川英龍などと親交があり、探検家最上徳内や地理学者高橋景保とも通じ、水戸藩の藤田東湖とも接点を有するなど、開明派の一人であった。1837年(天保8年)末、「献斤微衷(けんきんびちゅう)」を著し、水戸・徳川斉昭に献上。1838年(天保9年)10月、尚歯会の例会において崋山・長英らとともにモリソン号再来に関する答申案を知り、幕府の意向は打ち払いにあると誤解して幕府に「上書」を提出した。斗機蔵は、これらの著述の中で、鎖国政策を見直し、貿易を振興し、海防の充実を図るべきこと、異国船打払令が無謀なこと、そして穏便な交渉が必要であると建言した。1841年(天保12年)、斗機蔵は幕府に才能を評価され、浦賀奉行に任命されたが、赴任しないまま同年病没した。八王子市千人町の宗格院に墓がある。)

【成立】 嘉永6年写

¥32,400

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - H335和本江戸嘉永6年海防論写本「広才明志(献斤微衷)」1冊/松本斗機蔵/八王子千人同心組頭/古書古文書
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

カテゴリー: 古文書, 和本/古書
 
本商品に関するお問合せ・ご質問はこちら
古地図・和本・古文書・浮世絵・摺物・北斎・歌麿・国芳・芳年・暁斎
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

Copyright© 2012 北さん堂 古地図・和本・古文書・浮世絵 All Rights Reserved.

〒143-0016 東京都大田区大森北3-42-1-3F
電話:03-6320-1746
東京都公安委員会免許 第302190607006