H316和本江戸安政7年徳山藩家臣徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」1冊古書古文書幕末の志士

H 316和本江戸安政7年徳山藩家臣徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」1冊古書古文書幕末の志士です。

『状態』

40丁。横本(8.5cm×20.5cm)。手書き。虫食い、少破れあり。状態は並。

 

信田作太夫は周防徳山藩士。徳山七士の一人。名は徽胤、号は秋琴。父は信田十左衛門。安政元年3月(1854年)筑後柳川藩に遊学し、加藤善右衛門に槍術を学び、日ならずしてその塾頭となる。後に福山藩に聘せられて、槍術を指南する。文久2年(1862年)、遠藤貞一郎と共に、勅使・姉小路公知を護衛して江戸に行く。翌年の春に京に戻り、周旋方となる。後、選ばれて御親兵となり、禁門の変後に帰藩したが、元治元年(1864年)、保守派が政権を握ると、本城清、浅見安之丞と共に捕らえられ、獄に繋がれる。元治2年(1865年)1月14日、保守派に「死一等を減じ流罪に処す」と偽られ、本城清・浅見安之丞と共に新宮の浜(現在の出光興産徳山製油所付近)に連れ出され、絞殺された。享年41。3人の死は、牢屋における病死として徳山藩主や萩藩に報告された。

 

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」

徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」



 

『データ』

【書名】 槍術兵法写本

【巻冊】 1冊

【著者】 松山城において山陽防州徳山家臣 水哉軒秋琴生平徴胤(信田作太夫)

【成立】 安政7年

¥216,000

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - H316和本江戸安政7年徳山藩家臣徳山七士信田作太夫直筆「槍術兵法写本」1冊古書古文書幕末の志士
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

カテゴリー: 古文書, 和本,江戸
 
本商品に関するお問合せ・ご質問はこちら
古地図・和本・古文書・浮世絵・摺物・北斎・歌麿・国芳・芳年・暁斎
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

Copyright© 2012 北さん堂 古地図・和本・古文書・浮世絵 All Rights Reserved.

〒143-0016 東京都大田区大森北3-42-1-3F
電話:03-6320-1746
東京都公安委員会免許 第302190607006